本文へスキップ







のぼりりゅうかんめいほう




第179号 2018年11月1日更新

文字に観る不思議な世界





《 日本二百寺社巡り 第149回 滋賀県長浜市・長浜八幡宮・舎那院 》    


 

                                                 
長浜八幡宮》
   
    
                     二の鳥居から拝殿


    
          幣殿(本殿)                    本殿


    
           拝殿                      能舞殿


    
           神輿舎                     手水舎


    
          一の鳥居                    二の鳥居


    
           天満宮               金刀比羅宮・河濯(かわそぎ)神社


    
           高良神社                都久夫須麻神社・放生池


    
          稲荷神社                 熊野神社・地主神社

    
            御神水                    芭蕉句碑


舎那院》
       
    
                        山門


    
            本堂                     護摩堂


    
            観音堂                   太子堂

 
      
            鐘楼堂                    庭園

           
§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§


長浜八幡宮


長浜八幡宮(ながはまはちまんぐう)は滋賀県長浜市宮前町にある神社。
旧社格は県社で、別表神社。日本三大山車祭の「長浜曳山祭」で有名。

由緒
平安時代後期(1069年)に源義家からの発願をうけた後三条天皇の勅により、石清
水八幡宮を勧請して創建したと伝わる。
戦国時代には兵火を受けて衰退したが、長浜城城主となった羽柴秀吉により復興さ
れた。

平安時代より境内には別当寺である新放生寺が存在していたが、明治時代初期の神
仏分離令により廃され、唯一残された子院の舎那院に仏像や資料等が全て移された

本殿は八幡宮としては非常にめずらしい神明造(しんめいつくり)となっている。
檜皮葺き(ひわだぶき)、木造、千木(ちぎ)、鰹木(かつおぎ)をその頂に備え
る。一説によれば伊勢の神宮の御饌殿を譲り受けたとも言い伝えられている。


長濱八幡宮の境内に方丈池があります。

天正9年(1581)に秀吉の寄進によって八幡宮の社殿が再建された時にこの池
も築かれたと考えられ、長浜市の文化財に指定されています。

毎年8月15日の夕刻、日の暮れに合わせて、この池で蛇の舞(じゃのまい)が行
われます。

水の中で舞を行う奉納行事は他にはなく、唯一長浜八幡宮だけで行われているとい
う事もあり、当日は全国から一目見ようと数百人の人々で賑わいます。


舎那院

舎那院(しゃないん)は滋賀県長浜市宮前町にある真言宗豊山派の寺。
芙蓉の名所として知られる。

歴史
平安時代初期の弘仁5年(814年)、空海(弘法大師)を開基として創建したと伝わ
る古刹。 寺号は新放生寺といい、山号の勝軍山は学頭別当職に就いた源義家による
中興の時代(11世紀後半)に後三条天皇より賜ったものである。16世紀後半の度重
なる兵火を受けて堂宇を焼失したが、豊臣秀吉によって再興された。

新放生寺は平安時代より長浜八幡宮の学習院であり別当寺を務ていたが、明治時代
初期の神仏分離令により子院の一つである舎那院以外は廃された。
舎那院には、廃された寺院の仏像等が集められ、現在に至っている。

「源義経公都落ちの遺跡」の石柱があり、兄の頼朝に追われた源義経が舎那院へ助
けを求めたという伝承がある。


§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

《 今月の撮影者・小倉 光 》

上 海州(のぼり かいしゅう)先生の琵琶湖湖東の旅に同乗させていただき、いろいろ説明
を受けながらの撮影行での第2弾で、長浜八幡宮と舎那院を掲載します。
土砂降りの大雨の中でも撮影時には一滴の雨も降らず、「のぼかん行」のすごさ、不思議さを
またも体感いたしました。
貴重な体験をありがとうございました。
 

 Team200とは
「のぼかん」の毎月1日更新のホームページ表紙を飾る、『全国200神社 仏閣紹介の撮影旅行隊』の 略称で、ホームページ第139号、寺社巡り第110回より活動しています。
宗派、信仰教義内容に捉われず、日本の津々浦々における信仰対象となっている、日本独特の建造物
と呼ばれる神社 仏閣の姿やその歴史をご紹介出来たらとの願いより、サポーターTeamが発足したの
です。
『日本二百寺社巡り』の、200寺社巡り達成予定が2023年1月予定❗  元気に楽しく挑戦します。
応援よろしくお願いします‼


 のぼかんへようこそ!

『のぼかん』は、文字の形で
その世界観を観ていくという
今までどこにもなかった
観名法です

我が子の内面がわかりづらい
人間関係が苦手である等の
悩みについて、ひとり一人の
持つ名前より解き明かして
いきます

「文字の再発見」では講師の皆さん
の「文字の分析」を毎月発表して
います

『のぼかん』の文字の解釈が、
あーなるほど!と理解して
いただけることと思います

newpage1.htmlへのリンク